おとぎ噺(全4作品)

作品を描く前に文献(御伽草子・古事記他)を読み、時代考証をし知識を得てから、私なりの世界に仕上げました。浦島太郎は海の中にもぐって竜宮城には行っていないこと、桃太郎は実在した吉備津彦命(キビツヒコノミコト)であり、そして十二支の鬼門の謎解きの痛快さ、玄奘三蔵は密出国者など……。知識も作品の一部であり、制作の手を止めて、何冊もの本を読み、頭の中でも制作に取り組んだシリーズものです。

作品
金太郎と十二支
作品
浦島太郎
作品
桃太郎
作品
日本西遊記
←一覧→
(c)copyright by NUNO-E Project, HEADROOM Co., Ltd. All rights reserved.
禁無断複写・転写